スポーツウェア

事前確認を怠ってはいけない!不良品の返品は慎重に

欲しかったスポーツ用品の商品を通販で購入し、自宅に届いた商品が破損していたり、すでに賞味期限が切れていたりと不良品だった。このような経験はありませんか?
不良品というのはどういう事を指すのか、法では「著しく品質・性能が劣り、使用に耐えないもの」となっています。
著しくというのも基準が難しいところですね。
通販も手軽に購入できて便利だとうたっていたが、いざこのようなトラブルが起きるとややこしくなります。
届く前に直接触れるわけはなく、不良品だからといって店に返しに行くということも困難です。
では、未然に防ぐ方法はあるのか、情報をかき集めたものをご紹介します。

返品するまでの注意事項

基本的、商品に不具合があれば返品は可能です。
しかし、返品条件というのはその扱っている事業者さんが決めていることもあるため、事前ガイドのようなものがあれば、それを確認すると良いでしょう。
返品条件は取り扱っているお店によって違いますが、「利用規約」「買い物ガイド」の中に返品・不良品についての内容が記載されているはずです。
記載があれば事前に呼んでおくといいでしょう。
厄介なのが大型商品などの送料が高いものは、返品の時の送料代が事業者さんなのか本人が負担するものなのか、どちらに負担かかるのかを確認するべきです。

商品届いてもむやみにあけてはダメ!

返品受付というのは商品を受け取ってから何日間かの間と規定があります。それをうっかり忘れないように日にちは控えておきましょう。
返品する時は一度、事業者さんに連絡をいれたほうが良いため、事前に連絡先は確認すべきです。
返金までの期間、返金方法についても聞いておいたほうが良いでしょう。これが高額商品である場合、注意深く確認は大事です。
商品や事業者さんによっては、「未開封のみ受付ける」や「一度開けてからの紙袋や容器も全部回収」ということもあります。
また電化製品の場合は電源を入れて起動させる、コンセントをつなげて通電を行なった際、受付けないというケースもあるので注意しましょう。

まとめ

スポーツ用品の商品でも、それ以外の商品でも届いたら、商品の状態を確認しましょう。
通販の商品は消費者の手に届くまで、触ることが出来ないため手元に来た状態というのは慎重に取り扱うほうが良いでしょう。
クーリングオフもありますが、それに安心せず、トラブルにならないように事前に確認はしておきましょう。

投稿者:みっちゃん 投稿日時: