バドミントンといえばマイナーなスポーツだと思われがちですが、最近ではスポーツ選手がオリンピックで金メダルを獲得した事から、人気が出てきているスポーツでもあります。
そんなバドミントンで必要となる、「シャトル」ですが、買うとなると値段が気になりますよね?
そこで、大量にシャトルを使うクラブや学校、運営上予算が少ないクラブ、メーカーにはこだわらず、丈夫で壊れにくい練習球をお求めの方々に不良品でも丈夫なシャトルをご紹介します。

シャトルを比べよう

バドミントンシャトルには大きく分けて2種類あり「ガチョウ」か「アヒル」になります。
シャトルの飛距離やスピードは、羽根の素材によって左右されます。
バドミントンの公式試合など、一般的な大会で使用されるのが「ガチョウの羽根」を使ったシャトルです。
日本バドミントン協会の検定で認められている羽根であり、大会の他、練習用など幅広く使用されています。
今回紹介したい不良品シャトルも、この「ガチョウの羽根」を使ったものです。
アヒルの羽根は、ガチョウの羽根に比べるとやや弱いと言われています。
しかし、強弱がそのままシャトルの強度に繋がるわけではありません。
縫い目の細かさや羽根の太さなども、バドミントンシャトルの強度に少なからず影響します。
「趣味でバドミントンを楽しみたい」「スマッシュをガンガン打ち込みたい」という人には、ナイロン製のシャトルがおすすめです。
消耗品ではありますが、耐久性があり、丈夫なので長期間使えます。

おすすめのシャトル

ここで紹介したい商品が、「頑張らないバドミントン研究会」が販売している、検定落ちした不良品シャトルです。
不良品と言われると「すぐに壊れてしまう」「使い物にならない」といったイメージが多いのですが大丈夫です!
なんと、この不良品シャトルはガチョウの羽根を使用した、「一種検定球の試合用」の検定落ちシャトルになっているのです。
ガチョウの羽根は、羽の軸がしっかりしているため、コルクから抜けづらいとされており、製造過程では一種検定球として作っているので、羽根もコルクももちろんトップクラスです。
不良品といっても多少のブレがある程度なので、試合とさほど変わらないシャトルで練習に取り組めるのも嬉しいことですよね。
また、普通のシャトルだと3,800~4,000円のところ不良品だと2,700円とお手頃で買えます!

まとめ

シャトルのセールはなかなか出ませんし、練習に使うのはもったいないぐらいでしょう。
お金がなくても不良品シャトルを活用する事で、試合のシャトルの感覚も味わえますし、節約にもなります。
是非、不良品シャトルを有効活用してみませんか?練習に使うには貴重な品質です。